ブログ

【第9回 毎日続けられる糖尿病料理教室】

こんにちは!

プラスピート代表、フードコーディネーターの佐川さとみです。

4月22日は毎月開催の糖尿病料理教室でした!

今回のテーマは『春食材をふんだんに使った和食』でした。

・春野菜たっぷりチキンハンバーグ 照り焼きゆず胡椒ソース
・新こぼうの和風ポタージュ
・新しょうがの炊き込みご飯
・いちごミルクのババロア

この献立で、1人あたり560kcal、塩分1.92g、野菜総合計195gです‼

今回は『ダシ』をたっぷり使う献立だったので、昆布と鰹節の香りも旨みしっかり抽出できるダシの取り方をお伝えしました。

ポイントは昆布、鰹節の旨味が最も抽出できる温度です!!

一般的なダシの取り方をしたものと飲みくらべをしていただきました。
『香りがゼンゼンちがう』
『まろやかで濃い』
と、皆さん違いを感じてくださいました!
旨みたっぷりの『ダシ』は糖尿病食などの減塩料理には必須です!

このダシの取り方で作ったお味噌汁は味が全然違います。
味噌の量が少なくても、味に深みがあり、とても美味しいです!!

ダシの取り方は、8月に開催予定の『糖尿病料理教室 番外編特別レッスン』でもおさらい予定です。
詳しくは、イベント、料理教室のお知らせをご覧ください。

糖尿病料理教室の詳細はコチラ

ご予約お待ちしております^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る